ターザンログ

社畜を極めて会社役員になったでも僕はホームレス・ノマド・旅人・冒険家なろうと思う。

個人コンテンツをブログとYouTubeで作る場合の違い!比較!

スポンサードリンク

20170514155921

これから個人でコンテンツを作ろうとしている人のために、僕がブログとYouTube両方でコンテンツ作ってやってみて比較して言える事をがっつり書いて行きます。僕が会社役員をやりながらホームレスになり旅人になりながら個人コンテンツを作ってみた経験から書いていきます。

僕はブログ派!僕のライフスタイルだとYouTubeは厳しい!2つやると自分の時間がほとんど無くなる(´◉◞౪◟◉)

目次

コンテンツを制作する視点の違い!

ブログの場合

自分のやりたい事を先行してやって経験した内容を書いていける。やりたい事をやっている最中は素の自分でいれるからやりたい事に集中できる。なので自分のやりたい事を純粋に100%楽しめるのはブログ!!

例えばこんな感じ!旅に行きました旅中は集中して旅を楽しみ帰って来てためになりそうな情報や面白いネタがあれば書きます。

ブログの場合文章を書くことが好きか嫌いかと言う要素が入ってきます。

YouTubeの場合

ネタやウケが先行していくのでやりたい事はやれないイメージ。認知が上がってからやりたい事をやっていけるかも? やりたい事をやっている最中に撮影を行うのでやりたい事に集中できない。

例えばこんな感じ!旅に行きました撮影するために準備して旅の最中に撮影をする時間を取ったり撮影し始める必要がある。帰って来てから編集!

 

YouTubeの場合は動画作りたいとか有名になりたいとかそういうモチベーションの方が大切そうです。なぜなら撮影と言う要素がはいるので素の自分でいれない。撮影前の髪のセットや容姿の準備とかもとても手間が多い。

技術的には?

どちらも難しい専門性は必要ないと思う。PCの基本操作出来たりアドビソフト使える人であればググればなんでもできちゃう困る事はまずない。

ブログの場合

PCの基本操作と簡単なHTMLとCSS可能であればSEOの技術があれば問題ないと思う。

YouTubeの場合

動画編集する技術

この辺はどちらもコストは変わらないかもしれない、ブログは少しWEBの技術も必要になるので感覚的に作業が行えるのはYouTubeだと思う。

機材の価格と重量がまったく違う。

ブログの場合

最悪スマホでも更新できる。低価格の薄型のPCで十分更新していける。コストも安いし重量も軽い。よく移動する場合なんかはブログの方が向いているかもしれない。ネット回線遅くても十分更新ができる。機材は最悪スマホと回線でなんとかなるハードルがとても低い!

YouTubeの場合

カメラ・スタビライザー・ハイスペックPCと物がたくさん必要になる。コストも高いし重量もかなり重い。ネット回線はWIFIで東南アジアのWIFIからはアップロードすると物凄く時間かかる。ハードルが固く沢山必要で重量がある!

僕の場合ホームレスで旅人なので、持ち歩けない事はなけど、所有する事すら大変!持ち歩くと相当ストレスになる。なので移動する人で動画やる場合は体力が必要だし行動の範囲を狭めたりする工夫が必要かもしれない。

コミットする時間

ブログの場合

移動時間・トイレの中のようなな隙間時間でも、思いついたベットの中でもでもスマホがあれば文章なら書ける。時間を有効活用する事が出来る。

YouTubeの場合

撮影準備(ネタ考えたり・構成考えたり・容姿整えたり)・撮影・編集と工数が多くしっかり時間を取らないと作業する事がほとんどできない。

自分のリソースを有効活用できるのはブログ!

腰を据えてなら動画!ゲーム配信とかまさに腰を据えてるよね!

僕の場合会社役員で事業を何個か持っている状態。やる事も多くホームレス旅人で移動もあるので、動画にしっかり時間を取る事がなかなか厳しい。 二つ頻繁に更新すると自分が公共物になるwww

二つ頻繁に更新してみた時期が一週間あるけど、結構やる事多くて結構大変!それにふつうに仕事いれるともはや自分の時間は全くなくなった。起きて寝るまで仕事してる状態になるぐらいボリュームはある。

どちらを選べばいいのか?

動画やりたいという気持ちが強いとか動画じゃないと表現しきれないとかなら動画がいいと思うけど、個人でコンテンツ作りたいという程度ならブログとSNSで十分な気がします。

個人コンテンツって継続して行けるかがポイントになると思うから自分が努力できる事を積み重ねていけば行けばいいと思う!

僕の場合は動画もやりたいと少し思ってるから今後少し課題!

今の僕の課題は移動が多いと言う点!機材が重くて持ち歩きたくない!あと素の自分でやりたい事をやって行きたいから、撮影と言う要素に邪魔されたくないので、少し工夫が必要だと思ってます。