ターザンログ

社畜を極めて会社役員になったでも僕はホームレス・ノマド・旅人・冒険家なろうと思う。

ド底辺だった僕が入社4年で取締役まで出世した方法!

スポンサードリンク

20170216185808

今の世の中、出世なんか難しいと思っていませんか?

出世なんか簡単で誰にでも出来ます!

 

僕が社会に出たとき月収12万円のド底辺でした。

学歴は夜学の専門卒。転職回数6回。挫折した回数は2回。

こんな底辺の僕でもこの方法で入社4年で取締役に出世しました!

 

僕が最短で出世するために必要だった事は、会社でも社会でも他人とは違う事をする事!社内でも業界の中でも一番有益な情報を持っている事!自分の信用を作るために筋を通し続ける事だけでした!

 

出世なんてちょっと考えて行動すれば誰でもできます。皆様の年収アップや出世するために、僕の経験から参考になるような事をがっつり書いていきます! 

目次

僕は全ての事において他人と違う事をして結果を出して出世した!

みんなと一緒の事をするという事はライバルが多いって事になります。

 

これは全部に当てハマる事と考えています。

 

会社員の場合、人気のある業種・業界に入る事と人気の企業に行くという事は、

 

一部の才能のある人以外には、逆にチャンスを減らす事だと考えています。

 

会社の規模間が大きくなればライバルは多い、上場企業なんかは一部署30名以上いたりする。

 

その30名以上の中で1人だけが管理職と言う立場で優遇される席に着く仕組み。

 

また、有名な企業になればなるほど、良い大学出ている頭の良い優秀な人材が集まりやすい。

 

その人達と競争する事になる。

 

僕はこれをデメリットしかないと考えてます!

 

しかも、こういう大きな会社って大体が出世競争が激化しており派閥があったり、裏では相当ドロドロしています。

 

僕の勤めていた上場企業3社はもれなく全部そうでした!

 

そんな下らない苦労をする事になります。

 

ちなみに僕は上場企業にいる時に、この糞みたいな苦労をしていました。

 

 大抵の人はこの状況を打開できるほどの才能や情熱は持ち合わせていないと思います。

 

逆に10名ぐらいの会社に入れば楽ちんライバルが少ない!

 

社員数が少ない会社である程度まともな会社って絶対にあります。

 

そういう会社に集まる人の能力は地域の平均点ぐらいか平均点以下の人間が集まります。

 

地域で評判の良い会社であれば人間性もそれなりにまともなの人材が集まります。

 

その人達の中で競争する事は上場企業の出世競争と比べると、遥かに労力は必要ないという事になります。

 

だってライバルが少ないし天才があまりいないんだもん!

 

僕が入社した会社は地域で20名程度の会社です。

 

競争はありましたが、上場企業の出世競争と比べると1000分の1ぐらい楽でした。

 

なのでこの方法はとても有効です!

 

事業でも競合と違う事をして成功させた!

 

僕が事業をうまく起動に乗せた方法は

 

業界で一般的な事になっているサービスはすべて高次元まで努力して

 

プラス競合が真似できない多くのお客様が喜んでくれる

 

他社とは全く違うサービスを作る事でした。

 

めちゃめちゃ売れてますし業界内での事業成長の速度も半端じゃないです。

 

具体的に言うと問題があるので、例えばの話で説明します。

 

コンビニで話していくとわかりやすい!

20170216193352

セブンイレブン・ローソン・ファミマで説明します。

 

コンビニなので基本的なサービスは一緒です。

 

店舗がたくさんある24時間やっている。

 

このサービスの基本的な部分はどこも高水準で保たれています。

 

競合と違う事をするという事は

 

1.セブンイレブンで言うカフェの市場に手間なく安価で参入して成功させた。

 

2.ローソンの糖質制限を流れを利用したブランパン。

 

3.ファミリーマートのホットスナックのグリル系を置いている。

 

これです。

 

ただし、業界内では一番のりでも、競合が同じサービスを真似して提供できる場合は、

絶対に競合はミート戦略(物まね)を取りますから競争が始まります。

 

セブンイレブンのコーヒーなんかがそうですよね? 

 最初はセブンイレブンだけでしたが、すぐ他のコンビニも参入してきました。

 

なので、目指すべきサービスは、

 

お客様が求めているサービスで、

誰にもできない他人と違う事をしてお客様を喜ばす事です。

 

これが一番の強みになります! 

 

こういう、希少なサービスを提供できれば事業は必然的にうまくいきます。

 

このなかだと、ローソンの糖質制限を流れを利用したブランパンかもしれません。

  

僕はこの経験から、多くの人に喜んでもらえて他人とは違う事をやる事が重要!!と言う事を学びました。

 

情報の優位性を持つ事が重要

20170216193608

僕が出世に役にたったもう一つの大きい要素は

 

業界内でも会社内でも誰よりも有益な情報を沢山持つ事でした。

 

僕の場合、地域にある小さい規模の会社でニッチな産業です。

 

ここでライバルが少ない優位性が大手の社員達と比べて恩恵を受けます。

 

いいだろ~笑

 

仕事の事で言うと業界のマーケティング情報をほぼすべて把握しています。

 

国内も世界の情報も持ち合わせています。 

 

あとは、業界起源と業界が人類にとってどういう役割を果たしているのか?と言う本質的な部分も古代ローマの歴史までさかのぼり国立図書館で文献を読みまくりました。

 

あとは、IT系の情報とか世の中の旬の情報を有料サービスから得ていました。 

 

今でもやってます。 

 

そこまでしている人が少ないからです。

 

これも他人と違う事をする事の一つだと考えており

 

相手より希少で有益な情報を持っている事が優位性になるからです。

 

例えば、有料で入手している一部を言うと、

 

堀江貴文さんのメルマガ

IT系のコンサル会社

IT系の技術会社

スマホの有料情報系のアプリ

著名人の本など

 

全部ケチらずもれなく有料です。

 

有料っというのがいいですよね!ケチは絶対に買いませんから!

 

有料で仕入れた小さな情報で言うと、

 

インスタのタグの数は何個がベストなのかも、

 

お金を払って実績のある人に聞きました。

 

希少で有益な情報を社内の誰よりも業界の誰よりも持っていて

 

行動して形にすれば必然的に数字がついてきました。

 

当然の道理だと僕は考えています。

 

組織内部で筋を通し続ける事

20170216194134

結論信用です!

 

僕は基本的に会社以外でも筋をとおし続けようとしています!

 

出世する=決済を取り続ける必要もあります!

 

その決済と取る際、信用や期待値は大切です。

 

「コイツなら信用できる!」とか「出来そうだ!」

 

という根拠のない信用とか自信から判断される部分もあるからです。

  

合理的に勝率があっても信用ないとOKでない事もあります!

 

例えば、僕が部下の提案を聞いて

 

合理的に勝算があると判断して

 

最後決定するときは直観で 「コイツなら出来そうだ!」と

 

言う要素は入ってくるからです。

  

こういうプラスαがないと動くものも動かなくなる場合があるからです。

 

僕はわざと演じているわけではないですが、そうありたいと思い込んでいて、筋を通そうとするクセがついています。

 

これって起業もほとんど一緒だよ!!

 

これから起業します!って人が

 

わざわざ競合がすごい沢山いるレットオーシャンで起業しますか?

 

その競合とまったく一緒の方法で戦いますか?

 

それたぶん無理だよね! 

 

一番簡単に勝利できるビジネスモデルは

 

誰も気付いてやってない、参入障壁がほとんどない、ニーズが沢山あって儲けが出て、リスクが少ないやつ!

 

就職先で言うと人気のない業界の中小企業とかベンチャー企業がこの条件だと僕は考えてます!

 

誰にでも簡単合理的に出世する方法!

 

楽に簡単に出世するという事は、自分が出世する確率を上げて猛烈に努力する事!

 

それは、人とは違う人気のない業界で、社員数が少ない地域でそれなりに評判のいい会社に入って、社会の多くの人を喜ばす必要がある。

 

そのためには、競合が提供しているものとは違うサービスで、多くの人を喜ばせるサービスを作る必要がある。

 

それを達成するには会社でも業界でも誰よりも有益な情報を持ち

 

人から信用されたり面白い人間だを思って貰う必要がある。

 

そうして結果に向かって猛烈に努力すると、

 

必然的に社会の喜ばす事が出来て、

 

会社の業績で結果が出てきて、

 

気付いたら利益が上がり勝手に出世してる。

 

簡単な理屈!誰でもできる!

 

おまけ-仕事の悩みってどこも一緒♡-

 

仕事の悩みはどこ行っても一緒!有名企業入ったってみな悩みはほとんど一緒!

 

上司が糞!

仕事したくない!

クライアント糞!

部下が糞!

給与が安い!

仕事がつまんね!

 

大体飲みに行って知人友人が愚痴っているのって一緒じゃないですか~?

 

誰もがやりたくないのが仕事だから、

わざわざ苦労する大きな会社のレットオーシャンに飛び込む事は必要は全くない!

 

働き方は人それぞれですが僕の経験から書かせていただきました!